エネルギー環境問題について

この問題を取り組むにあたり,太陽光還元,これが重要な概念になってくると考えています. エネルギー環境問題の解決に向けた太陽光還元の利用の重要性(動画)

Lecture documents 講義資料

講義資料は以下のリンクからダウンロードしてください(パスワード必要). (注) 開かない場合には,新しいタブで開く,で開いてください. 東北大:大学院講義, 九州大:大学院集中講義 東北大学大学院工学研究科 マテリアル・開発系 2020年度 非平衡物質工学・市坪担当分.pdf 相変態論(外国人向け英語講義) 材料科学の最前線 第14回資料 金研夏期講習会 資料 九州大学 集中講義「相転移の基礎と応用」 2020年度 相転移の基礎と応用1:熱統計編 相転移の基礎と応用2:組織形成編 相転移の基礎と応用3:ガラス物理編 九州大学大学院特別講義について 題目:相転移の基礎と応用 講師: 市坪 哲 (東北大学金属材料研究所・教授) 日時: 2021年1月18日(月)3〜4限(13:00〜16:20、20分間の休憩含) 2021年1月19日(火)3〜4限(13:00〜16:20、20分間の休憩含) 2021年1月20日(水)3〜4限(13:00〜16:20、20分間の休憩含) 場所:オンライン(zoom) 概要:  相転移は相や構造が外的要因で変化する現象である.すなわち,外的要因である温度変化や磁場・応力場などを印加することにより,材料の新たな構造機能特性を生み出したり,向上させたりすることが可能となる.よって,相転移現象を理解し制御することは,材料科学の領域において学問上・工学上において非常に重要となり,そのためには相転移の基礎となる熱力学・統計熱力学の学問体系および手法のスキームを学ぶことが必要不可欠である.

2021年(令和3年)謹賀新年

明けましておめでとうございます. 東北大金研に来て丸4年が経ち,かなり仙台にも慣れてきました.昨年は(市坪は)年男で,「ここでアクセル踏んで,気合い入れて行こう!」と思っていたところ,コロナ禍でアクティブというにはほど遠い研究活動でした(市坪個人として...スタッフ,学生さんはよく頑張ってました).今年は,行動制限ばかりでは意味がないので,上手にコロナとも付き合って,可能な限りの方策を模索したいと思っております.

現4回生の皆さんへ

2021年1月の研究室訪問は終了しました. ——————————————————————————————- 研究室訪問期間: 12月17日(木)~ 1月13日(水) ——————————————————————————————- 以下,参考 現4回生(新M1@2021年度)の学生さんへ 東北大金研・市坪研の訪問について歓迎いたします. コロナ禍ですので,マテリアル専攻の教務指針と金研の所内指針の下で,なるべくご訪問者に直接お話をする機会を設け,また研究室の雰囲気や装置なども見て頂きたく思っています.

金研講演会&電気化学会・東北支部にて

本年の金研講演会におけるポスター部門で,M2の古橋君および村山君が,優秀ポスター発表賞を受賞しました.おめでとうございます.この二人の研究テーマは,昨年度,一昨年度に博士を取得した下川氏および李氏のオリジナルテーマとなります.学生が成長するのは喜びですが,同時に教員としても成長していくことも研究室の財産です. また,電気化学会東北支部・第33回東北若手の会にて,M2古橋君が同様の内容にてポスター賞を受賞しました.こちらも大変おめでとうございました.

加藤雅治先生の訃報に接し

2020年11月24日,加藤雅治先生の訃報に接し,偉大な先生を70歳という若さで早くに亡くしたこと,本当に残念であり,悔しい思いで一杯です.人に気を配る優しさをお持ちで,腕相撲は強く,金属材料の研究者にしては非常にまれですが,ご専門の弾性力学はもちろんのこと,関連する数学にも卓越しておられ,本当に尊敬する先生でした.

無拡散等温オメガ変態に関する論文(続報)

無拡散等温ω変態の組織形成および機械的性質の組織依存性に関する論文がPhysical Review Materialsから発表されました. Evolution of microstructure and variations in mechanical properties accompanied with diffusionless isothermal omega transformation in beta-titanium alloys 本研究は,現Dowaホールディングスの笠谷君が修士課程で取り組んだ結果の一部です.(修士研究内容で二本目の論文発表)

Oxygen effects on Ti-V Omega Transformation

無拡散等温ω変態に及ぼす酸素の影響についてScripta MaterからPublishされました. Effects of solute oxygen on kinetics of diffusionless isothermal ω transformation in β-titanium alloys

フットサル予選リーグ突破!

10月18日(金)毎年恒例の金研フットサル大会が開催されました.見事予選リーグ2位通過です.決勝リーグは10月25日(金).果たして2年連続優勝を勝ち取れるか…!?

第5回材料WEEK

京都テルサで行われた第5回材料WEEKに岡本准教授,M2林君が参加し口頭発表を行いました. 林君は,若手講演賞を受賞しました.

第9回CSJ化学フェスタ2019

市坪教授が第9回CSJ化学フェスタで「汎用金属で高性能電池を創る!―マグネシウムイオンを利用した蓄電デバイス研究―」というタイトルで招待講演を行いました

きんけん一般公開

10月12日13日で行われる予定だった「きんけん一般公開」のフォトブースに市坪研のメンバーが遊びに行きました!大型台風のため,今回はやむなく中止になってしましましたが,楽しみにしていたお子様方のためにも,次回開催時にはより楽しんでもらえるような企画を考えてお待ちしております!

金属学会2019年秋季大会 (岡山大学津島キャンパス)

9月11日-9月13日 金属学会2019年秋季大会が岡山大学津島キャンパスで行われました.市坪研究室からは,市坪教授,岡本准教授,河口助教,李研究員,D3下川君,D1畠山君,M2藤原君,M2林君がそれぞれ口頭発表を行いました.

日本結晶成長学会

市坪教授が日本結晶成長学会で『共鳴結合結晶の超高速光誘起相変化の機構解明に向けて』というタイトルで招待講演を行いました.

チタン合金のX線非弾性散乱実験を実施

チタン合金のω変態およびマルテンサイト変態におけるX線非弾性散乱実験@BL35XU/SPring-8に研究室の多くのメンバー(市坪,岡本,D2下川・M2 3人・M1 3人,多根准教授@阪大,木村助教@金研新素材)が参加しました.BL担当の筒井先生には大変多くのご協力・ご指導を賜りました.

第30回相変化研究会シンポジウムに参加

市坪教授,谷村助教,M2渡辺君が第30回相変化研究会シンポジウム(PCOS2018@富山宇奈月温泉)に参加し,市坪教授がPCOS AWARD(オーラル賞)を,そして渡辺君が谷村助教の指導の下でPCOS AWARD(ポスター賞)を受賞しました.

Old Blogs & Events

2018/10/26 金研フットサル大会に出場し, 悲願の優勝を勝ち取りました! Ichitsubo Lab members won the championship in IMR Futsal event.